こんにちは、江戸川キャンパスです。今回のブログでは江戸川キャンパス定番レクの1つである「紙コップタワー」の進化についてご報告します。このレクは2022年度5月、余暇活動(スカイツリー)が延期になったとき、支援員が、突然、教室で高いタワーを作りたいと思って始めたものです。

 紙コップタワー ビフォー&アフター
0102

当初、試しに支援員がやってみたところ、なかなか上手く積めませんでした(写真(左):ビフォー)。
一方、学生は室内レク時間のたびにアイデアを出し合って進化しています。
「ただ紙コップを積むだけじゃん」と言うことなかれ …….
タワーの曲率、配色、積み方などにイメージを膨らませ、工夫を凝らして紙コップタワーを進化させています。2023年9月には「S字型で20段のグラデーションのセンスの良いタワー」ができました(写真(右):アフター)。

こんなタワーが作れるようになるまでの1年4か月ほどのプロセスから、少し写真をあげておきます。

0304
0506

0910
1112
1314

「どんなタワーにしたいかをイメージする」、「チームメートとそのイメージを共有する」、「実際に積んでいく」..などの経験を積みながら、まだまだ進化しそうで楽しみです。

(ま・み)

ゆたかカレッジHP
アクセス(江戸川)
オープンキャンパス