福祉型カレッジ「ゆたかカレッジ」の日々

「ゆたかカレッジ」は、知的障がいのある青年たちの4年制「福祉型カレッジ」です。個性豊かな学生たち300名が様々な体験を通して楽しい毎日を送っています。 キャンパスの学生たちのキャンパスライフの様子を是非ご覧ください。

福祉型カレッジ「ゆたかカレッジ」の日々 イメージ画像

実習生受け入れ

学長の長谷川です。今日は、高田馬場キャンパスの事業所実習3日目。最終日です。本日の教科は『ヘルスケア』。授業の【ねらい】は「目標の立て方について考える」。人が生きる上で、「目標を持つ」ということはとても大切なことですよね。人は目標があるから頑張れるし成長
『【高田馬場】高3生実習の様子(ラスト)』の画像

学長の長谷川です。高田馬場キャンパスの事業所実習2日目の授業は「経済」。【ねらい】は「適切な分量で買い物ができるようになろう」。板書を見ると、一見、調理実習の授業かと思いきやなぜか「経済」。カレーを4人分作ろうと思ったら、料理の最中に、「あっ、たまねぎが足
『【高田馬場】高3生実習の様子②』の画像

学長の長谷川です。高田馬場キャンパスでは、来春、入学希望者を対象に、事業所実習が行われています。1日目の「生活」の授業では、【ねらい】は「スケジュールの立て方を知る」。お題は、「友達と待ち合わせて映画を見に行く約束をした。映画の開始時間は11時20分。さて、何
『【高田馬場】高3生実習の様子①』の画像

↑このページのトップヘ