福祉型カレッジ「ゆたかカレッジ」の日々

「ゆたかカレッジ」は、知的障がいのある青年たちの4年制「福祉型カレッジ」です。個性豊かな学生たち300名が様々な体験を通して楽しい毎日を送っています。 キャンパスの学生たちのキャンパスライフの様子を是非ご覧ください。

福祉型カレッジ「ゆたかカレッジ」の日々 イメージ画像

ソーシャルアクション

いつも、当法人の障碍者福祉事業、とりわけカレッジ事業(知的障碍者の高等教育保障)に熱烈なるご理解とご支援をいただいている、参議院議員の山田太郎先生が、「参議院議員山田太郎のさんちゃんねる」という毎週ネット配信番組で、カレッジ早稲田の取り組みについて語って
『【お知らせ】山田太郎先生「カレッジ早稲田」について語る』の画像

3月10日、参議院内閣委員会で、障害者所得倍増議員連盟事務局次長の山田太郎先生(日本を元気にする会)が、質問に立ち、「知的障害者の高等教育保障」について、文部科学省、厚生労働省、内閣府に答弁を求めました。そこで、当法人の名前も出していただきながら、「福祉
『【お知らせ】山田太郎参議院議員「福祉型カレッジ」について国会質問』の画像

東京出張最終日。 今日は、宮崎監督と副理事長と私で、厚生労働省障害福祉課を訪問し、障害福祉課長と発達障害対策専門官にお会いしました。 まず、発達障害対策専門官にカレッジの実践の状況報告をしました。 カレッジの実践については、専門官もとても関心を示してくだ

↑このページのトップヘ