福祉型大学「カレッジ」で過ごす日々

仲間がいるから楽しい。仲間がいるからがんばれる。
Challenge for your dreams!

福祉型大学「カレッジ」で過ごす日々 イメージ画像
「カレッジ」は、福岡県鞍手町に拠点を置く「社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会」が設置・運営する、知的障碍のある青年たちの4年制「福祉型大学」です。個性豊かな学生たち160名が様々な体験を通して楽しい毎日を送っています。「カレッジ福岡」「カレッジながさき」「カレッジ早稲田1・2」「カレッジ北九州」「カレッジ久留米」の学生たちのキャンパスライフの様子を是非ご覧ください。

政治活動

今日は、参議院議員会館の会議室で、『障がい者所得倍増議員連盟』の勉強会が開催され、私もオブザーバーとして参加させていただきました。今回の勉強会のテーマは、『障がい者の高等教育の機会拡大(大学等のキャンパス・空き教室の利用促進等)について政府からヒヤリング
『【ご報告】『障がい者所得倍増議員連盟』勉強会に参加』の画像

10月31日(月)、東京都新宿区のカレッジ早稲田に、「障がい者所得倍増議員連盟」所属の国会議員の先生方13名が視察に来られました。(うち秘書代理出席5名)視察の目的は、知的障碍者にとって高等部卒業後に学ぶということはどういうことか、どのような意味があるのかを実
『【ご報告】国会議員13名(代理含む)が「カレッジ早稲田」視察・交流』の画像

今日は、障がい者所得倍増議員連盟事務局の那部様のお取りはからいで、文部科学副大臣の水落敏栄先生と約30分間、面談をしました。お話の内容は、知的障碍者の高等教育保障についてで、端的に言うと、大学のキャンパス内に知的障碍者のための教室をお借りできませんでしょ
『【ご報告】水落文部科学副大臣と面会』の画像

今日は、当法人の福岡本部に参議院議員山田太郎先生の奥さまと秘書の方がご挨拶にお見えになり、約1時間ほど、障碍者の福祉の現状や課題などについてお話しをしました。 その後、当法人が運営するグループホームや老人デイサービスセンターなどいくつかの事業所を訪問しまし
『【お知らせ】次期参院選(全国比例)では山田太郎氏を推薦』の画像

3月10日、参議院内閣委員会で、障害者所得倍増議員連盟事務局次長の山田太郎先生(日本を元気にする会)が、質問に立ち、「知的障害者の高等教育保障」について、文部科学省、厚生労働省、内閣府に答弁を求めました。そこで、当法人の名前も出していただきながら、「福祉
『【お知らせ】山田太郎参議院議員「福祉型カレッジ」について国会質問』の画像

東京出張最終日。 今日は、宮崎監督と副理事長と私で、厚生労働省障害福祉課を訪問し、障害福祉課長と発達障害対策専門官にお会いしました。 まず、発達障害対策専門官にカレッジの実践の状況報告をしました。 カレッジの実践については、専門官もとても関心を示してくだ

↑このページのトップヘ