福祉型大学「カレッジ」で過ごす日々

仲間がいるから楽しい。仲間がいるからがんばれる。
Challenge for your dreams!

福祉型大学「カレッジ」で過ごす日々 イメージ画像
「カレッジ」は、福岡県鞍手町に拠点を置く「社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会」が設置・運営する、知的障碍のある青年たちの4年制「福祉型大学」です。個性豊かな学生たち160名が様々な体験を通して楽しい毎日を送っています。「カレッジ福岡」「カレッジながさき」「カレッジ早稲田1・2」「カレッジ北九州」「カレッジ久留米」の学生たちのキャンパスライフの様子を是非ご覧ください。

海外大学視察

これまで視察した「アメリカ」「カナダ」「オーストラリア」「韓国」の知的障碍者を対象とした高等教育保障の現状について報告書をまとめました。(画像をクリックすると報告書が開きます。)130ページにわたる報告書の最後に私は、今の率直な思いを「おわりに」に以下の
『【お知らせ】4ヶ国の視察報告書まとめました』の画像

ナザレ大学の視察報告書(速報版)が完成しました。速報版は、視察時の説明や意見交換等の内容の時系列による紹介です。論文形式ではないので、とてもリアリティのある読み物となっています。是非、リアルなナザレ大学をお読み下さい。http://kyf-college.blog.jp/nazareuniv

ナザレ大学を視察した職員のみなさんから感想文が集まりましたのでご紹介します。 これまでの海外視察や学会参加、意見交流において学ぶことは多かったが、いずれも知的障碍者が正規の学生として入学し、4年間の大学教育を非障碍学生と共に受けるところまでは至っていなか
『【ご報告】ナザレ大学視察で学んだこと』の画像

11月3日(木)、当法人職員ら12名で韓国のナザレ大学に視察に行きました。今回の視察では、5月のカナダ視察に引き続き福岡女学院大学の猪狩恵美子教授、拙著『知的障害者の大学創造への道』を出版したクリエイツかもがわの田島社長のお二方も同行されました。当法人の職員た
『【ご報告】韓国・ナザレ大学視察』の画像

去る8月15日(月)から8月17日(水)まで、第15回国際知的・発達障碍学会(IASSIDD)に出席し、翌8月18日(木)には、空路アデレードに移動し知的障碍者を受け入れている大学「フリンダース大学」を視察してきました。世界の最先端の知的・発達障碍者の福祉・教育を学ぶこと

8月18日は、メルボルン空港から朝の便でアデレードに移動し、フリンダース大学に行きました。飛行機で約1時間、距離にして730km、福岡から京都ぐらいです。日帰りでの視察旅行となりました。 フリンダース大学は、今年50周年を迎えます。私たちは、大学の歴史や特徴な
『【ご報告】フリンダース大学視察』の画像

↑このページのトップヘ