福祉型カレッジ「ゆたかカレッジ」の日々

「ゆたかカレッジ」は、知的障がいのある青年たちの4年制「福祉型カレッジ」です。個性豊かな学生たち200名が様々な体験を通して楽しい毎日を送っています。 「早稲田キャンパス」「高田馬場キャンパス」「江戸川キャンパス」「横浜キャンパス」「川崎キャンパス」「福岡キャンパス」「北九州キャンパス」「長崎キャンパス」の学生たちのキャンパスライフの様子を是非ご覧ください。

福祉型カレッジ「ゆたかカレッジ」の日々 イメージ画像

支援教員エッセイ

木枯らしの吹く寒さの厳しい毎日、学生たちの送迎をしていると、降り注ぐたっぷりの朝日とオレンジ色の夕日を見ることができる。一日の授業と学生対応で精一杯の日が積み重なっているが、その内容は想像していた以上に中身の濃いものである。ある日は、ひとりの学生が自分の

寒い冬が終わり、河川敷に広がる菜の花を眺めながら颯爽と駆け抜け、男らしい汗をかくカレッジ福岡3年生のK氏の姿を見ていると、彼の成長している姿を改めて感じた。カレッジ福岡では毎年行われる行事のひとつにマラソン大会がある。それは3月を予定しており、一年の締めく

↑このページのトップヘ