福祉型カレッジ「ゆたかカレッジ」の日々

「ゆたかカレッジ」は、知的障がいのある青年たちの4年制「福祉型カレッジ」です。個性豊かな学生たち200名が様々な体験を通して楽しい毎日を送っています。 「早稲田キャンパス」「高田馬場キャンパス」「江戸川キャンパス」「横浜キャンパス」「川崎キャンパス」「福岡キャンパス」「北九州キャンパス」「長崎キャンパス」の学生たちのキャンパスライフの様子を是非ご覧ください。

福祉型カレッジ「ゆたかカレッジ」の日々 イメージ画像

学生エッセイ

1年の頃、元々学生が少なかったけど、去年学生は合計20人増えた。イベントや祭りなどがあり、ゆたかサンフェスタでポップコーンとレジ担当をしました。流通センター祭りで手伝いを頑張りました。昨年7月のオリエン合宿で、僕は、団長を担当しました。今年は、団長・副団

私の3年間を発表します。私の1年生は、まだ学生が5人で、1年生で一番楽しかったのは、始めての全専研です。まずは、みんなで、グループ別で、パソコンで、大阪と三ノ宮を調べました。私は、大阪天守閣とシアターを調べました。また、大阪に行きたいと思いました。2年生

僕はカレッジに来て3年目にとつにゅうしました。その中で3年間の授業で学べた事は自主ゼミとスポーツです。1つ目の自主ゼミではテーマにそって自分の考えを発表する勉強がとてもすきでした。最初はテーマに沿ってやると言うことがちょっとむずかしかったのですが、でも論

↑このページのトップヘ