企画広報室から応援メッセージをご紹介いたします。今回は、代々木高校理事長の一色真司さんです。
ゆたかカレッジでは、「高校卒業資格を取得したい!」という熱い思いを持っている学生たちを対象に、通信制高校である代々木高校と連携し高卒資格取得の支援をしています。

学校法人代々木学園代々木高等学校 理事長
一色 真司さん
13一色真司氏2
代々木高校にとって無くてはならない頼もしいパートナー
創立5周年、おめでとうございます。

代々木高校は、1993年に窓際のトットちゃんのような学校を作ろうとの思いから始めたオルタナティブスクール代々木高等学院が母体で、学校は社会へ出る予行演習の場所と位置づけ、既存の学校では対応できない一人ひとりに目を向け、寄り添いながら育んでいける学校として「自分の意思と力で歩いていけるように」をテーマに今も変わらず取り組んでいます。

そのために、様々な専門分野の支援者の方々の協力をいただきながら育む環境の構築を進めているところです。

そうした中、ゆたかカレッジさんは障がいをお持ちの生徒さんを育む環境づくりに特化しておられ「充実した人生を送るために必要な力を育む」をキーワードに、大学生との交流をはじめとした様々なインターンシップなど、その子の可能性を引き出す環境を構築・充実させています。

また、一人ひとりの特性や適性を考慮しつつ本人の想いを尊重した進路指導も立派に行っています。

ゆたかカレッジさんは、代々木高校にとって無くてはならない頼もしいパートナーです。益々の飛躍を期待しています。

学校法人代々木高校ホームページ