企画広報室からです。
ゆたかカレッジに通っている学生の保護者さまよりエッセイが届きましたのでご紹介いたします。
保護者エッセイ

自立したいという気持ちの芽生え

ゆたかカレッジを知ったきっかけは、就労を基本としていた学校に通っていたため、上級学校の詳報が全く入ってこなかったので、特別支援学校高等部に通学していた友人に相談していたところ、「ゆたかカレッジ」のことを教えてもらいました。

ゆたかカレッジを選んだ理由は、高校を卒業してからすぐに就労するには、本人が「まだ学ぶことをしたい」という気持ちがあり、就職に踏み切れなかったので希望しました。

ゆたかカレッジでの生活では、本人のメンタルの状態にアップダウンがあり、授業が受けられない日々がありましたが、そんなときもオンライン授業を受けられるようになり、本人も安心して授業を選んで受けられるようになりました。

先生方の手厚いフォローで、他人に対しての壁が少しずつなくなり、安心感が強くなったように思います。授業に関しては、自己についてのことや生活に対しての事柄の授業があり、とても具体的なことを学んでいるので、本人にも自立したいという気持ちも生まれ少し成長しているように思われます。
(MMさま)