早稲田B型フライヤー3

ゆたかカレッジでは、2021年4月、早稲田キャンパス内に就労継続支援B型事業所をオープンする予定です。
今後は、2年間の自立訓練サービスを受けた後に、就労移行支援サービスに進むという選択肢だけではなく、就労継続支援B型サービスを受けながら、時間をかけて十分に働ける力を身につけて一般就労を目指すという選択肢が加わることになります。
ゆたかカレッジの目指すB型は、室内軽作業を行うことを当たり前とするのではなく、あくまでインクルーシブな仕事を目指します。特徴は以下のとおりです。
①利用にあたっては、4年間の目標を設定し、可能な限り4年後に一般就労を目指します。なお、職業訓練、就職活動にさらに時間を要すると判断された場合は、その後も、4年ごとの更新を可能とします。
②事業所内での日常活動は、ミシンや手縫いによる布を使ったハンドメイド作品の制作とします。バッグやポーチをはじめ、インテリア雑貨、日常使いの小物、アクセサリーなど、クオリティの高い作品を目指します。また、企業から依頼されたPC入力業務等を行います。
③週1日以上はグループで地域の職場等に出向き事業所外就労を行います。なお、段階的に地域での就労を増やしていきます。
④週1日は、生涯学習の位置づけで、学習の時間を設けます。資格取得のための学習や、研究論文発表会に向けた研究論文作成などを行います。
なお、これは、現時点での予定ですので、今後変更の可能性がありうることを申し添えます。
今後も引き続き、ゆたかカレッジをよろしくお願いいたします。

長谷川正人