シノケン

株式会社ゆたかカレッジは、去る3月31日、株式会社シノケングループ(東証ジャスダック上場)傘下の「シノケンウェルネス」と資本・業務提携を行いました。

ゆたかカレッジは、全国どこに住んでいても、知的障害者やその家族が「学びたい」「学ばせたい」と思ったら、いつでもどこでも学ぶことができる、そんな社会の実現を目指しています。

一方、シノケンウェルネスは、現在は主に高齢者のグループホームなどを運営していますが、今後は、日本の人口の7.4%を占める障害者が活躍できる社会環境づくりに取り組んでいきたいというビジョンを持っています。

そこで、両社のビジョンがマッチするため、アライアンスを組むことにいたしました。

上場企業シノケンの施設運営のノウハウやリソースをご提供いただくことで、ゆたかカレッジの事業所をスピード感を持って、多くの地域に拡げていくことができると考えます。

さらに、保護者のみなさまから常に聞かれる要望はグループホームです。「ゆたかカレッジに学生寮としてグループホームを併設してほしい」という願いにもシノケンウェルネスと連携することで、実現の可能性が大きくなるのではないかと思います。

今後は、シノケンウェルネスとゆたかカレッジがタッグを組んで社会的課題に取り組み、ひとりでも多くの知的障害者のみなさまの自立と幸せを支援していきたいと思います。

今後も引き続きのご支援をよろしくお願いいたします。

0001
0002