少し暖かくなってきた先週末、
横浜キャンパスと川崎キャンパスでの
研究論文発表会 神奈川大会 本選を無事に終えました。
本選1

昨年12月には
間に合う…?
という状況だった川崎キャンパスのみんなの研究論文&発表準備。

その後…
発表原稿やパワーポイントの細かい部分を直しながら、
持ち時間を越えないように、
視線・姿勢・声の大きさやスピードも意識して、
12~1月はとにかく発表練習を重ねてきました!

そうして迎えた 
【1/24 研究論文発表会 川崎キャンパス予選】
当日は朝から皆さんとても緊張している様子でした。
午前にリハーサルを行って、いざ本番!予選1
自分の伝えたいことをしっかりと伝えることができていました
学生の皆さんからは
・緊張したけれど、自分のペースで発表できた
・論文を作って楽しかった
・もっとパワーポイントを工夫したかった 
などの前向きな感想が多かったです。

【2/15 研究論文発表会 神奈川大会 本選】
予選で代表に選ばれた7名が出場しました。
初めて行く会場の慣れない雰囲気の中、本選も皆さんとても緊張されていましたが、
本番では一人ひとりが最大限の力を出し、発表することができました!
本選2

本当は皆さんの発表を動画でお見せしたいのですが、難しいので、
川崎キャンパスから入賞した3つの論文の内容を少しだけご紹介したいと思います

【審査員特別賞】JR東日本
歴史、発車メロディー、車両の3つに焦点を当てて、調べた論文です。
ご自身で録音をしてきたJR南武線の接近放送と発車メロディーの音源を使い、
皆さんに伝わるように工夫して発表できました。

【優秀賞】フレンチブルドッグ
フレンチブルドッグの歴史やルーツ、特徴、性格、
飼い方など幅広い内容を調べて、まとめた論文です。
パワーポイントではご自身が飼っているフレンチブルドッグの写真も活用していたので、
そのかわいさや魅力が伝わったのではないかと思います。

【優秀賞】LGBTの世界
LGBTの説明から始まり、LGBTの方たちの悩みや社会における課題、
日本におけるLGBTの理解度と交流の場について、まとめた論文です。
「誰もがみんな男女関係なく自分らしく生きる環境が必要」という
最後のメッセージが心に響く発表でした。
本選3

---
川崎キャンパスは1年生が多いので、昨年の春は
「自主ゼミって?」「研究論文発表会って?」からのスタートでした。
自分でテーマを決めて・・・
調べてまとめ、論文を書き・・・
パワーポイントを完成させて・・・
発表をして
約10カ月駆け抜けることができた皆さんに大きな拍手!!です。

そして…
早くも来年度に向けて、次はどうしようか考えている学生さんもいます。
ゴールは新たなスタートですね