防災月間ということでカレッジ内では避難訓練をし、さらなる知識や関心を深めてもらおうと『東京都臨海広域防災公園』に、普通科・生活技能科合同で行ってきました。


東京臨海広域防災公園は、首都直下地震等の大規模な災害発生時に、現地における被災情報のとりまとめや災害応急対策の調整を行う「災害現地対策本部」等が置かれる首都圏広域防災のヘッドクォーター及び広域支援部隊等のベースキャンプ、災害医療の支援基地として、東扇島地区(川崎市)の物流コントロールセンターと一体的に機能する防災拠点施設です。

DSC_0029
防災グッズっていろいろありますね。




DSC_0030
もし避難所生活になったらこのようなイメージです。



DSC_0026
確かに自分が元気でないと人を助けられませんよね。みんな納得していました。



DSC_0024
災害後のシミュレーションコーナー。当たり前の生活って幸せです。



DSCF4165
超大型台風はすごい威力です。


DSCF4172
生活するのに何が必要なんだろう。


DSC_0010
みんなでお腹いっぱいランチをしました。


カレッジ頑張ってます!      
皆様の清き1クリックをお願いします!