9月は防災月間 !!

 近年、自然現象による災害ニュースが身近になり緊迫した映像なども目にすることができるようになってきました。
 その都度、「普段からの備え」が大切だという教訓が示されます。

 北九州キャンパスでは、授業で一緒に考えました。
暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火その他の異常な自然現象により生ずる被害のことを考える機会となりました。

「災害に備える」
というキーワードで検索すると
防災セット・非常時持ち出し袋・多機能型ライト・ヘルメット・保存水・非常食・防災グッズなどの様々な対策用品が多くありました。さまざまなアイディアが盛り込まれた新製品は、感動そのものです。

 幾度も繰り返されてきた災害から、その都度、検証され どういう備えが有効なのかを
専門家に限らず、私たち住民も考えてきました。

で、

その時、その場で、優先すべきはもちろん「自分の命をまもる行動」をとること。
ですね。

で、

 倒れている人がいて、・・・・という場面に遭遇したら・・・という想定で

前置きが長くなりましたが、

救急救命研修を行いました。

小倉北消防署から、救急救命士の方を招聘して研修を行うことができました。

IMG_3240

IMG_3236

IMG_3241

IMG_3234

IMG_3235

IMG_3253

IMG_3245

「備えあれば、憂いなし」

 こういう研修は、実際には 現場で実行することはないかもしれないけれど研修で体験しておくことで、万が一の時には、

この経験を「人の為に役立てる」ことができるかもしれないです。

10月になっても大型台風の接近が、予報されています。9月の台風被害からまだまだ回復されていない地域の方々もおられます。

災害被害が起きないことを、願うばかりです。                                                               
tsunae

                                                 カレッジ頑張ってます!      
          皆様の清き1クリックをお願いします!