IMG_20190719_140756
7月12日(金)國學院大學たまプラーザキャンパスで、ゆたかカレッジ川崎キャンパスの学生と國學院大学の学生さんの交流授業が開催されました。
早速、國學院大學のホームページにその様子が掲載されたのでご紹介いたします。
このような機会が全国の大学で当たり前になったら素晴らしいですね。

以下、大学ホームページからの転載です。
********************************************
7/12 共に学ぶ「特別支援教育論」

7/12(金)「ゆたかカレッジ川崎キャンパス」から学生の皆さんが22名来校しました。「ゆたかカレッジ」は「福祉型カレッジ」として2012年に設立された福祉事業所です。

カレッジでは、知的障害の青年たちにとっても、特別支援学校高等部卒業後に学びの場が必要であること、ゆっくり学んで自立に向けて準備する時間が必要であることが確かめられています。

この日はまず、カフェラウンジ万葉の小径で「学食」を味わい、本学の学生と歓談し、楽しい交流のひとときを持ちました。

3限の柴田保之・髙橋幸子教授の「特別支援教育論」を本学の学生とともに受講し、知的障害者の「権利宣言」についてともに学ぶ時間となりました。

本学の学生からは「知的障害の方と同じ授業を受けるというのは初めての体験だった。これからは、これが当たり前の世界になったら嬉しい」との感想が語られました。