7月に入り、ようやく夏本番!
・・・と言いたいところですが、長崎県は観測史上最も遅い梅雨入り(6/26)となり、雨の日が続いています

さて、先日は大村市の環境センターへ社会科見学へ行ってきました!

20190703_072626

普段、何気なく出しているごみがどのように処理されているのか学習します

1562068739190

ごみ処理を行う建物はとても広く、建物の模型も展示してありました。

1562068750214

1562068771728

クレーンで持ち上げられたごみの塊が目の前を通過していきます。
この下には、集まったごみが大量に積み重なっています
また、ごみ収集車が集めてきたごみも、最終的にこの場所に集まっているようでした。
さらに、ペットボトルが細かく砕かれていく様子も見ることができました。

20190703_072708

センターの方が案内、説明もしてくださったので、しっかりメモを取っています


20190703_072826

操作室はテレビドラマで見るようなところで、思わず「かっこいい~」との声も出ていました!
ここでは、先ほどのクレーンの操作も行っています。
センター内の各場所の映像を見ることができ、センターの”心臓”とも言える場所でした。



ただ施設の見学というだけでなく、ごみそのものについても考えることができました。
「4R(リフューズ、リサイクル、リデュース、リユース)を覚えて意識したい」という感想もありました

リフューズ・・・ごみになるものを家に持ちこまない。
リサイクル・・・新しいものに作り替えて使用する。
リデュース・・・ものを大切にしてごみを出さない。
リユース・・・・使えるものは再使用する。


これを機に一人一人が少しでもごみを減らせるように願っています