こんにちは!朝夕とても冷え込んで来て、風邪をひきかけているかたのいらっしゃるのではないですか

カレッジ北九州では11月16日(金)に熱く暑く盛り上がりました


学生の感想です。

日本とカナダの試合の観戦は楽しかったです。貴重なきかいをいただいて、大変うれしく思います。
自分の心とむねがあつくなりました。


動きや音で迫力を感じました。最初はカナダチームのパス回しやシュートでリードしていて
後半は日本が徐々に追い上げたのがすごかったです。


最初はきんちょうしましたが、のめりこめて見ていたので最後の方は、楽しく応援できてよかったです。


せんしゅ一人一人がりりしく見えました。だいひょうの人のはなしは、と中でねむたくなりました。
「きみがよ」がながれた時はぜんたいが一つになってるようでした。


初めて車イスバスケットボールを会場で見ましたが、ボールが入った時観客の盛り上がりはすごかったです。
チアダンスも生で見れてよかったです。



IMG_9660


第15回北九州チャンピオンズカップ国際車いすバスケットボール大会の観戦と

ボランティア参加をしてきました。

IMG_9641

IMG_9643

IMG_9646

IMG_9651

学生の感想にもあったように大興奮でした

今年から健常者の方の参加もOKになりましたというアナウンスがあり「へえ~」と

リアクションした学生もいました。

モップ掛けをしていたボランティアに見とれている学生もいました。

応援している学生にびっくりしている学生もいました。

ルールがいまいちわからないねと話しながらも見終わった後は楽しかったですと話してくれた学生もいました。


普段体験できない熱気・闘志・雰囲気を味わうことができたようです。


午後からは事前にボランティア研修を受けていた学生と職員が運営のボランティアに参加しました。

IMG_9665

大会のボランティアジャンバーです

物品の販売や出入り口のカーテンの開閉を担当しました。


学生の感想です。

物価配給係の活動は一生懸命頑張りました。
お客さんが来た時「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」と大きな声で言えました。

就労につながる活動になったようですね。

BlogPaint

ボランティアに参加した学生は仕事終了後に選手からサインをもらいました


北九州市では、インクルーシブ教育システムを推進する事業の一環として障害の理解や国際交流の場として

北九州チャンピオンズカップ国際車いすバスケットボール大会を開催・運営を行っているそうです。


「障害の有無によって分け隔られることなく、 誰もが相互に人格と個性を尊重し合う共生社会の実現」

学生たちの興奮や笑顔の中でその言葉が胸に響きました。

カレッジ頑張ってます!
                皆様の清き1クリックをお願いします!