こんにちは。暑い日がまだまだ続きますね。
8月より産休・育休から復職しました、山本です。
また学生の皆さんと一緒に学習できるのが楽しみです。
よろしくお願いします。

さて、普通科1.2年生のヘルスケアでは、飲酒について学習しました。

お酒はどれでしょう。

IMG_9460



最近は、分かりにくいノンアルコール飲料も増えていますから
少しむずかしいですよね。

IMG_9462

実際に見比べてみて、皆さんはあることに気づきました。



IMG_9466

お酒には、「アルコール〇%以上」「お酒」などの表示がありました。


IMG_9467

一方、お酒でないものには「炭酸飲料」「アルコール分0.00%」の表示が。


では、アルコールが入っていないからといって、
未成年がノンアルコールビールや、ノンアルコールカクテルを飲んでも良いか?

この問いかけには、皆さん迷われていました。
「お酒じゃないし、飲んでもいいと思うけど・・」

ノンアルコール飲料に書かれている文を確認・・・

BlogPaint


20歳以上の人を対象に作られていることが分かりました。
お酒を模して作っているため、未成年はもちろん飲まないこと。
そして、公共の場(カレッジ内など)で飲むことは
ふさわしくないことを学びました。


カレッジには未成年の学生さんが多いため、自分がお酒に強い体質なのか
弱い体質なのか、わからない・・。
そこで一つの参考になるのが、アルコールパッチテストです。
アルコール消毒液が含まれた脱脂綿を、皮膚に貼って調べます。
IMG_9464

お酒に弱い体質の人は、
IMG_9468

貼ったところに赤みがでてきます。
「え~私、お酒よわいのかな。」
新たな発見でしたね。
テストの結果は100%ではありませんが、
将来お酒を飲むときには、参考にしてくださいね。



急性アルコール中毒の危険性を学んだあとには
具体的なお酒の断り方を実際に練習しました。

キャプチャ

他にも、「その場を離れる」
「友達を誘って、別のところへ行く」
などの断り方もありました。

自律した社会人として、お酒とうまくつきあっていきましょうね。


             カレッジ頑張ってます! 
         皆様の清き1クリックをお願いします!