毎日が暑い中、熱い支援で汗を流す毎日、皆さんが熱苦しさにヒートアップでさらに暑さが増す今日この頃です。

連日の熱中症による病院搬送の数々…

この季節どこのカレッジも熱中症対策と注意を促す学習を行っています。

どうすればいいの?
ヘルスケアの学習では自分たちにできることは何かを考えました。
熱中症

そもそも夏の生活の過ごし方から考えることができ、みんなで話し合ってエアコンの設定温度もきめました。
外との気温差が5度以内!…わかっていてても下げたくなっちゃう、そんなの耐えられない…

では他の方法は?

体力をつける!栄養をとる!十分な睡眠をとる!

つまり夏でも変わらない、健康の維持・促進は「運動・食事・休息」なんですね

暑いからと言って冷たいクーラーばかり浴びていると、身体の自律神経は乱れるなど夏バテ・夏風邪・熱中症になりやす要因・原因となることをしっかり学習しました。

よく理解出来ましたが、わかっているけど涼しいところがいい、冷たい食べ物飲み物が欲しい。

確かに暑い、誰もが同じ思いです。でも体を守るためには体を冷やしすぎないこと、暑さに耐えられる十分な体力作りが必要です。
ということで
スポーツではあえて夏の暑さを感じに公園でウォーキング!
そして学習したことを活かすために各自熱中症対策をすることを促しました!
line_1531446100355
DSC_2264

2kmほどの距離でしたが、歩くときには日陰を歩くように心がけたり、こまめに休憩をしてちゃんと水分補給と塩飴を摂取するなど自分達で何をすれば熱中症にならないのかを考えていらっしゃいました。
感心したのが、前日に意識的に十分睡眠をとった人や、朝食をしっかり食べてきた人など、自ら対策をしてきた人が多く。学習したことを実践できていたことです

また汗を出す事ができました。クーラーを浴び続けていたら暑いのに汗腺が詰まって汗が出ないという危険性な状態になります。そうなると熱を発散させる汗がないため体にこもって体温が上がり熱をもちます
汗を流すことの重要性も体験できました。

まだまだ暑い夏が続きます。それぞれが夏バテ、熱中症にならないように十分対策を整えて、クーラーの調整や冷たいものを摂りすぎない適度な生活を送っていただきたいと思います。



                       カレッジ頑張ってます!
                   皆様の清き1クリックをお願いします!