4月1日(日)は、鞍手ゆたか福祉会のカレッジ事業部が独立し、株式会社ゆたかカレッジへ移行するスタートの日です。

そこで、この日は朝8時半に、ゆたかカレッジ本社の氏神さまである福岡市東区の筥崎宮に、幹部社員5名でこれからの会社の発展と社員の幸福を願って「社運隆昌祈願」に行って参りました。

筥崎宮参拝

筥崎宮にて

それから、カレッジ福岡大ホールにて、九州エリア(カレッジ福岡・ながさき・北九州・久留米の4カレッジ)の合同入社式が執り行われました。私の挨拶の後、辞令交付、新入社員3名の挨拶などが行われました。

新入社員挨拶


入社式集合写真

その後、お昼は、ホテル日航福岡の宴会場で、入社祝賀会を行い、新たな船出をみんなでお祝いしました。

懇親会


私はその日の夕方の便で上京し、翌日は、カレッジ早稲田の入社式に参加しました。
カレッジ早稲田には、徳島から、長野から、千葉から、都内から新たに4名の社員が入社してくれました。

早稲田辞令交付

新入社員の4名は、私の『大学創造』の本の内容に共感してくれるなど、それぞれがゆたかカレッジの理念に深い共感のもとで、とっても熱い思いを抱いて入社してくれた人たちです。いくつもの会社から内定をいただいた中で、ゆたかカレッジを選んでくれたそうです。

入社のいきさつや思いを聞いて、とっても嬉しかったと共に、彼らがこの会社に入社して本当に良かったと心から思っていただけるように私も精一杯頑張っていこうと気持ちを新たにした一日となりました。

早稲田新入社員

早稲田集合写真

早稲田懇親会

僭越ですが、入社式での私の社長挨拶をご紹介いたします。

 ***********************************************

本日、ここに、「社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会」のカレッジ事業部を株式会社化し、「株式会社ゆたかカレッジ」が発足いたしました。皆さんが、社会福祉法人の時に引き続き「株式会社ゆたかカレッジ」社員の一員として働いていただけることをとても嬉しく思います。


2012年4月、カレッジ福岡がスタートして丸6年、知的障害者の方たちの高等教育保障という、全国にモデルのないこの事業を手探りで進められてこられた皆さんの日々の努力があったればこその、この度の株式会社化に他なりません。これまで学生たちにしっかりと向き合い、頑張ってこられた皆さんに心よりお礼を申し上げます。


また、本日、新たに「株式会社ゆたかカレッジ」に入社してこられました新入社員の皆さん、心より歓迎申し上げます。


さて、「株式会社ゆたかカレッジ」の経営理念は、『全社員の生きがい、働きがいの創造と、あらゆる人がその人らしく生きるための学びの機会が提供される社会を創る』です。もう一度言います。『全社員の生きがい、働きがいの創造と、あらゆる人がその人らしく生きるための学びの機会が提供される社会を創る』です。


当社は、今後、会社の組織強化と本社機能の充実を積極的に推し進めながら、カレッジの設立を待っている全国の知的障害者とその保護者の思いに応え、スピード感を持って知的障害者の学びの場を全国に拡げていきたいと考えています。

とりわけ、人口の多い首都圏を中心に、今後は、毎年概ね5ヶ所のカレッジの開設を計画しています。


この会社の設立目的は、知的障害者とその家族の幸せに貢献することですが、同時にこのことが、社員の皆さんの生きがい、働きがい、すなわち皆さんの「幸せ」とならなければ私は意味がないと思っています。人間関係の良好な明るく楽しい会社、サービス残業や過重労働のないワークライフバランスのとれた働きやすい会社、頑張れば頑張っただけ適正に評価され報酬が得られる会社を目指したいと思います。


そして、皆さんが、「私は、株式会社ゆたかカレッジの社員である」と家族や親戚、友人知人に対し胸を張り、誇りを持って言えるような誰もがうらやむ素晴らしい会社に育てたいと思っています。


これから皆さん方、社員全員が一致団結して、この会社を盛り立て、育て上げていただければと願っています。

本日の新会社発足と新たな船出を、皆さんと共に喜び合いたいと思います。今後ともよろしくお願い申し上げます。


簡単ですが、新会社の発足にあたり、私の御挨拶とさせていただきます。本日は、誠にありがとうございました。


                              株式会社ゆたかカレッジ
                              代表取締役社長 長谷川正人

   **********************************************

閲覧の皆様、これからも株式会社ゆたかカレッジをよろしくお願いいたします。