理事長の長谷川です。久しぶりの投稿になります。

今朝の読売新聞朝刊の「くらし」のページに、知的障害の若者の学びについての記事が大きく掲載されました。記事の中で、カレッジ早稲田の事例も紹介されています。

掲載された地域は、近畿と中国四国を除く全国だそうです。

記者さんは、カレッジ早稲田に取材に来て下さり、私もそこで取材を受けました。その後も何度も電話取材があり様々な意見交換をしました。意見交換は、私にとっても楽しく学び多き体験でした。

この記事の一文字一文字の中に、記者さんの熱い思いが込められています。

この記事の読者の方々が、青年期知的障害者の学びの大切さについて考えるきっかけになったら嬉しいです。

読売新聞記者の西内さん、素敵な記事の掲載、ありがとうございましたm(__)m

読売新聞記事20170602