寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

 さて、現在カレッジながさきの就労移行のメンバーは月に2~3回ほど外部での清掃活動を行っています。


 そこで清掃を任され、実際に清掃を行うと普段のカレッジでの実務とは違い自然と緊張感も出てきて、学生にとっては良い刺激になっています。


カレッジで学んだことを外に出てから忠実に守って清掃することの難しさは私自身もその都度痛感いたしますが、彼らにとってはよりそれが現実のこととして実感しているようで、自然と彼ら自身でその日の反省点が会話のなかに出てくるようになりました。


「あの場面ではこの道具が必要だったね」、「そうだね、次の時の反省点だね」と帰りの車内はそのような会話になることもしばしばです。


その清掃活動の中からほんの一部ですが活動内容が分かる写真を掲載したいと思います。

これはある施設の入り口を拭いている様子です。
カレッジながさきでは見ない大きなガラス扉で悪戦苦闘しました。
BlogPaint


IMG_20170119_133326
BlogPaint

 最後は綺麗になったか確認してから担当の方に報告をします。
この報告も普段とは違う人にするため良い緊張感を持って毎回報告出来ています。

今後も様々な社会資源を活用して出来るだけ多くの作業や仕事に触れて自分の「出来る」という可能性を感じてほしいと思います。

                        カレッジ頑張ってます!
                   皆様の清き1クリックをお願いします!