こんにちは。

カレッジ早稲田です。

 

10月6日()に、3年生の5名の方が

『新宿区立高田馬場福祉作業所』に職場見学に行ってきました。


本当は9月の予定でしたが、台風の影響で延期になり、この日に行くことになりました。
また台風が近づいてきたので、「またか・・・」と心配になりましたが、
幸い、台風の影響はありませんでした。


もうすでに4回目の職場見学で、地元の高田馬場での見学ということもあり、
担当の方に立派に挨拶をすることができました。今までの職場見学の経験が活きているようです。


最初は、会議室で『作業所』のしおりやパンフレットを見ながら、
作業所の概要や取り組み方などを担当の方が説明してくれます。

1006職場見学4-1


すると、用意していたメモ用紙に、担当の方のお話をメモに取る姿が見られました。
それも、職場見学の経験が活きている証拠ですね。

更に一人ひとり、予め用意していた質問を担当の方に尋ねます。

『仕事は、何時から何時までですか?』
『書類スキャンとは、どんな仕事ですか?』
『広告丁合とは、どんな仕事ですか?』
『紙すきとは・・・?』
『冊子封入とは・・・?』
『機織りとは・・・?』
『地域緑化推進事業とは・・・?』
『ベーカリーカフェとは・・・?』
などなど・・・

たくさん取り組まれている活動内容に、質問が止まりません。
それに対して、一つ一つ丁寧に担当の方が答えてくれます。

予定の時間をオーバーして、説明会が終わりました。

その後は、作業場所を見学します。

自主生産で取り組まれている機織り機と実際に機織りしているところを見せてもらいます。


IMG_7103

完成した作品を見て、興味津々の表情です。

1006職場見学3

更に作業場所を移動すると広いスペースの作業場に、
たくさんの利用者の方が働いていて、びっくり!!

1006職場見学1-1

廊下には、冊子封入で依頼のあった、T大学の願書(完成品)が山積みになっていました。

IMG_7109


カレッジに戻ってからの振り返りでは、みなさんが質問してきたことを共有したり、

担当の方が話して下さった事柄を、今後の職場見学や就労に向けた取り組みに活かしていけるように、みなさんでまとめました。

 

今までの職場見学での学生の方の感想は、、

「大変そうだった」

「みなさん、とても頑張っていらした」

「みなさん、楽しそうでした」

などの客観的な感想が多かったのですが、職場体験ももう4回目ですので、
主観的に、今回の職場見学先は、「ご自身にとってどうだったか?」を
一人ひとり、発表してもらいました。


『自分にもできそうかな・・・』

『家から通うには、遠いかな・・・』

『カフェのような接客をやってみたい・・・』

などなど・・・。



これからは、職場見学を主観的に捉えてもらいながら、

カレッジでも、全力で学生さんたちの気持ちに応えられるように全力でサポートしていきます。

                 カレッジ頑張ってます!
              皆様の清き1クリックをお願いします!