こんにちは、お好み焼きです。


ゴールデンウィークも終了し、空は曇っていました。
しかし、そんなことを吹き飛ばすような元気な学生な姿…、とても気持ちがいいです。


そんなカレッジ福岡では、実務系の実習を実施しています。

ちなみに、実務系の実習は3年生以上の学生が対象となり、就労に向けた実践的な内容です。いつも学生が真剣な気持ちで受けています。


今日は、工場内実務を紹介します。


今回のテーマは「ねじ」です。

「ねじ」と聞いて、皆様は何をイメージされるでしょうか?いろいろあると思います。

ねじはものつくりに不可欠なパーツの一つです。使用量も半端なく、ねじの生産量の変化で様々な業界の動きがわかるとも言われています。


今日はそのねじを使っての実習です。



日常生活でも欠かせない、電源ソケットを使用しました。


まずはドライバーを使用して、ねじを外して分解!


その後、もとの形に組立て!


やりかたがわからなくなった時は、必ず質問する学生!言葉使いなど写真に写らないのが残念。


その後、一連の作業を、時間をはかって実施しました。

最初は、時間もかかりましたが、何度か繰り返しすることで2分を切る学生も…。ス・ス・スゴイ!


作業終了後は必ず片付け、次に使う人への配慮もね!

終わってみると、休憩なしでやり切りました。なんという集中力!

実務系の実習を通じて、自分の進路を考えていってほしいと思うお好み焼きでした。頑張れ!


 


 IMGP0061



 IMGP0044


 


 IMGP0022


 


 IMGP0058