最近、地産地消について興味をもち、調べていたものをおもてなし料理としてカレッジ北九州の学生とともに食べよう~!!ということで選んだのが・・・・

「皿うど~ん」
改めて調べてみると、県内でも違いがあることが分かり、みんなも「お~!!」w(゚o゚)w オオー!

お店によっても太麺と細麺があり、注文の際に確認しないとイメージするものが来ないようです。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

そこで事前授業として行ったのが、「計量カップ」の使い方。

どうして?と思われるかと思いますが、スープ(あん)を作るためには水の分量を間違えては、おいしいものが
できません。

まずはメモリの読み方を確認しました。計量カップすべてが同じメモリではないからです。
BlogPaint
まずはプリントで確認.。゚+.(・∀・)゚+.゚いろんな計量カップのメモリを読むための練習を何度か行い、わかるようになってきました。(^∀^)       
DSC08812DSC08814
メモリの読み方がわかったら、早速、実践です。
問題は160ccの計量カップを使って360ccを量りました。一人一人、考え方がちがって面白かったです。
BlogPaint
まずは自分が思う分量を容器に水を入れます。「これだ~!!」と思ったら答え合わせ。
I氏は120ccのところまで入れて、3杯注ぎました。なるほど~( ̄ー ̄)ニヤリッ
BlogPaint
ラインのところまで水がおさまれば、正解~!!
BlogPaintDSC08671
                      真剣な眼差しでメモリを見ています。
DSC08670
H氏は100ccを3杯と60ccで360ccを注ぐことができました。これまた、なるほ~ど(⌒-⌒)

他にも、100ccを2杯と160ccの組み合わせだったりとほんといろんな考え方があって楽しかったです。
DSC08823
この日は見学者の方もいらっしゃいましたが、みんないつもと変わらず素晴らし~いヾ(=^▽^=)ノ

さあ~ここで学んだことを調理実習に生かして、おいしい皿うどんを作ろうね.。゚+.(・∀・)゚+.゚



続く・・・