理歴表紙
 


理事長の長谷川です。

この度、私が、これまでに執筆した論文を集めて本を出版しました。

法人職員の研修用に出版しましたが、冊数に若干の余裕がありますので、もし、ご購入ご希望の方がおられましたら、電話(0949-43-1200)またはFAX(0949-43-1201)で、法人本部までお申し込み下さい。

A6版131頁 定価1080円+送料300円(ゆうメール)

この本を出版した目的を、本の最初のページの「ごあいさつ」に以下のように記載しています。


みなさん、こんにちは。理事長の長谷川です。当法人は開設以来、福岡県鞍手町を拠点に事業を進めてきましたが、ここ数年は、県内各地はもとより、県外においても事業を展開してきています。それにともない、職員数の多さや事業エリアの広さから、全職員が一同に会することも容易ではなく、各職員が法人構成員のひとりとして、法人理念の実現という共通目標に向かって一致団結して日々の職務を推進していくことにも困難さが出てきています。

そうした中、各職員が当法人の一員であるという自覚と自負を持って日々の職務に邁進していただくためには、しっかりとした法人組織体制の確立とともに、法人設立の目的や、法人のこれまでの歴史の中で大切にしてきたもの、法人のアイデンティティを全職員が共通理解し、さらに、それを未来に向かって、しっかりと継承していこうという気持ちが必要です。

そこで、私が、これまで、様々な機会に執筆してきた論文を、職員の皆さんが気軽に読むことができるように一冊の本にまとめることにしました。そこには、私が福祉の世界に興味を持ったきっかけや、当法人を立ち上げた経緯、その時々の福祉課題を見据えての、社会や行政に対する現場からの提言など、私の思いや主張がストレートに書かれています。是非、これをお読みいただき、理事長としての私の思い、法人の歴史、法人の今後の方向性などについて、理解を深めていただければ幸いです。

なお、福祉事業従事者にとって、理念やビジョンとともに不可欠なものは「実践力」「支援力」です。利用者支援において、私たちは、確かな方向に向かって、しっかりとした支援スキルを持って前進していくことが必要です。そこで、実践力の強化については、平成27年度は、法人職員研修制度を大きくリニューアルし、利用者支援のノウハウについても、しっかりと学ぶ体制を構築する予定です。

全職員が一丸となって、しょうがい者福祉分野では日本のどこにも負けない素晴らしい社会福祉法人を目指しましょう。よろしくお願いします。

社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会 理事長 長谷川 正人


本の内容は、以下の通りです。(目次)

第1部 鞍手ゆたか福祉会の沿革と福祉に対する基本的な考え方
 第1章 社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会のルーツ
 第2章 鞍手ゆたか福祉会が入所施設を創るに至った経緯
 第3章 鞍手ゆたか福祉会の知的障害者福祉施設運営の基本的考え方
 第4章 知的障害者虐待事件~施設は加害者か?それとも被害者か?~
 第5章 これからの知的障害者福祉施策への提言
 第6章 福祉エリアの協働による多様なニーズへの対応と財源保障

第2部 行動障害者に対する支援のあり方
 第1章 アメリカでは行動障害に対してどのように対応しているか?
 第2章 コミュニケーショントレーニングと自己コントロールトレーニングの方法
 第3章 強度行動障害者対応ケアホーム支援モデルに関する調査研究

第3部 ドキュメンタリー映画「あした天気になる?」の完成
 第1章 映画「あした天気になる?」に込めた想い
 第2章 ドキュメンタリー映画『あした天気になる?』ができるまで

第4部 知的障害者の高等教育保障への取り組み
 第1章 今どきの韓国の障害児教育事情
 第2章 特別支援学校卒業後の「カレッジ」
 第3章 アメリカにおける知的障害者の大学進学の状況