障がいのある子は、高校を卒業したら、すぐ就労って、何かヘンだなあと思っていました。発達のゆっくりな子だからこそ、いろいろな体験や学びの場が必要・・・。カレッジは、まさにその希望をかなえてくれるところです。

年子の弟が昨年大学に入学。本人は自分も「大学生」と名乗ることに、妙な満足感を感じているようで・・・。いえ、それはきっと誇りを感じているのだと感じています。

ダウン症で、おっとりのんびりの長男。言いたいことがなかなかうまく伝えられなかったり、こだわりがあったり、いろいろな課題がありますが、先生や友達のなかで鍛えていただいています。ここのところ、自分から話しかけることが増えてきたなあと思います。自分の好きなことを通して、調べたり、表現したりすることで、本人の自信につながっていて、本当に感謝です。

これから、どう成長していってくれるか、楽しみです。

              カレッジ早稲田1年生の保護者「おでんと熱燗で一杯」様