このカレッジに通う以前は、普通中学、高校に通い、その後6年間位、単純な仕事に従事していました。その頃は他の人たちに比べ色々な面で遅れていて本人はわからないなりにプレッシャーと戦いながらの日々だったと思います。

しかし1年間このカレッジに通い、周りの学生さんも大なり小なり同じような障害を持った子どもさんたちなのでお互い助け合ってゆっくり、又じっくり色々な事を経験しながら日々過ごしていくうちに、うつむきがちだった姿勢も少しずつ上向きになってきて、周りの人たちへの気遣い、自分も負けられないという小さな競争心、我慢しなければという忍耐力等も少しずつついてきたような気がします。

又、今まで何気なく見たり聞いたりしていたニュース等も『1分で発表 今日のニュース』という朝の取り組みのおかげで自分なりに考えて発表していくことで回りの色々な事に目を向けるようになった気がします。

少し遠回りしてこのカレッジに辿り着きましたが、長い人生の中の貴重な4年間、又、僅かな4年間でもあるので、色々な経験をさせてもらって、様々な枝・葉をつけて次のステップに繋がっていけばと願っています。


                                         カレッジ北九州1年生の保護者様