娘はカレッジから帰ってくると、“今日も笑ってきたよ~”と一日の楽しかったことを話してくれます。

小4の終わりから絵画教室に通っている娘の将来の夢は画家になること。その夢を叶えたくてカレッジに決めました。カレッジに決めた理由は、まず、娘が行きたいと感じたこと。そして、娘の絵を見て下さった時の理事長先生。娘と娘の絵を認めて下さっていることが伝わりました。このことで、カレッジだったら毎日楽しく過ごせて、生き生きとした絵が描けると確信しました。

片道1時間以上の通学は、はじめ少しきつそうでしたが、1ヶ月もすると慣れていました。山笠で交通規制があって、帰るのに2時間かかった時も、とても冷静で、“山笠があってるから遅かった~”といつものように帰ってきました。中学までは、友達と遊びに行くことは全くなかったのですが、余暇活動では、カラオケやボウリングへ行くので、楽しみながら達成感もあるようです。

調理は、自分たちでメニューを決め、買い物も行くので計画して行動する力がつきました。

スポーツは、なんと1年目から2キロのマラソンを完走できました。

これだけ充実した学生生活のおかげで、カレッジに入学してからの絵は、パワフルな作品が次々と完成しています。これは、先生方お一人お一人が、娘の可能性を信じて、熱心にご指導下さっているおかげと心から感謝しています。

“今日も笑ってきたよ~”と言える毎日をありがとうございます。


                            カレッジ福岡2年生の保護者「mayumama」様