先月はがんこな咳が続き体調を崩す学生さん、今月に入ってからはのどの痛みや発熱で欠席される学生さんもいました。

そこで、冬場の風邪予防に役立つ果実と飲み物についてヘルスケアで学びました。

果実名は伏せて「花梨」をさわったりにおいをかいだりしてもらったところ、

「いいにおい。」
「すてきな香り」・・・男性の学生さん

名前当ては「レモン?」「オレンジ?」「アケビ?」・・・と、どこのスーパーでも見かけるわけではないので馴染みがないようでしたが、花梨の効能について学び、わたくしが先月漬けた花梨シロップで花梨茶を入れてみなさんに飲んでもらいました。

「初めて飲む,おいしい」
「おかわりしてもいいですか?」

と全員おかわりをして、おいしくて温まるし、香りも楽しめるし、のどにもいいし、インフルエンザ予防にも、疲労回復、冷え性にもよいという花梨茶を味わいました。DSC08082


後半は柚子茶のシロップ作り。DSC08080

「ゆず風呂は入ったことがある」
「柚子茶は飲んだことがない」

2班に分かれて作ります。

教室が柚子の香りに包まれるなかで皮の薄切りをがんばりました。丁寧に洗って
みんなで切りました
薄く切れています
DSC08099
協力しあって

市販のものもおいしいけど、やはり自家製が安くておいしいですね!

就労してからもお休みの日に作ったりして、冬場も風邪知らずで元気にお仕事に臨めたらいいですね♪DSC08108