事前に、「冷凍食品のすぐれた特性、メリット、購入のポイント」について消費者の立場で学び、

見学直前には「食品加工工場における衛生管理や心得」について生産者側の立場も学び、

7月23日、ニチレイフーズ長崎工場を見学しました。DSC06046


まずは、概要説明。BlogPaint
おなじみの冷凍食品以外にも、一流ホテルのレストランで使われるソースやルーなども製造されていました。また、給食で食べたことのあるものもありました。

わかりやすい説明でした。DSC06007
DSC06008




いよいよ工場内を見学。帽子を二重に被り、着替えます。コロコロもしつこくしつこくかけます。もはや誰が誰だかわからない姿。DSC06023


写真撮影はできませんでしたが、この日稼働していた「原宿ドッグ」というワッフルの生産ライン、みかんゼリーに入る果実の下準備作業の様子、大きな鍋で鶏がらスープを煮だしているところなどを見学させてもらいました。

「冷凍食品工場」ですが、作業工程はとても暑かったです。

工場の方のご配慮で、その後はおいしい試食!!BlogPaint
DSC06030


衛生着と二重のキャップでの蒸し暑さに疲れを見せていた皆さんも冷たいデザート、人参100%のジュースに元気になりました。給食で食べたことのあるみかんゼリーもありました。ワッフルはバナナチョコ味も、チーズ味もどちらもおいしかったです。

最後は質問コーナー。
勤務形態、社員食堂について、働いていての苦労や喜び、どのような人材を求めているか・・・等々多くの質問に丁寧に答えていただきました。

その中で、誰かのために、人々のために「役に立ちたい」という思いの大切さ、「働くこととは?」という根本的な内容にも触れてお話しくださいました。

午後からはスーパーに出かけ、ニチレイ冷凍食品のどんなものが並んでいるか調べ、さっそく2種類購入し、カレッジに戻ってみんなで試食しました!

また、ニチレイフーズ長崎工場の皆様に向けてお礼状を書きました。

<お礼状より一部紹介します・・・>

・今回の職場見学で学んだことは、大変なことをいかに手を抜かずにやるかということです。ニチレイフーズ長崎工場様は、工場に入る前の消毒や、暑い中でのスープのあく取り、きびしい食品検査などたくさんのたいへんな作業がありましたが、どれも外せない作業ばかりでした。

・ていねいな作業で私たちにおいしい食品が届いていくのがうれしいです。

・環境の面で、冷凍食品を作る際ににおいが漏れないように対策をしているのがとても印象に残りました。

・工場を見学して、ブイヨンやワッフルの製造、大きな鍋の前で作業している人がとても大変そうだなと思い、食品への安全にしっかりと気を付けているなと思いました。

・職場見学の後、〇キョウにみんなで買い物に行ってニチレイの「本和風竜田揚げ」「今川焼」を選んで、カレッジで食べました。機会があればまた見学したいです。

・私は冷凍食品の工場見学は初めてでした。スライドのアニメーションもいろいろ使っていて説明がとても分かりやすかったです。



昨年の「メディア関係の職場見学」につづいての「食品工場」見学。
こういった生産ラインの職種に興味を持ち始めた方も複数居ました。

今後の職場見学、職場体験について学生さんの希望を尋ねたところ、
大型商業施設、産業廃棄物処理関連、パソコン教室事務、宅配業、温泉娯楽施設・・・とたくさん挙がり、就労への意欲関心の強いことを改めて感じました。

また、快く対応してくださったニチレイフーズ長崎工場の皆様、お世話になりました。
ありがとうございました。