カレッジながさき取材



























今日は、KTNテレビ長崎が、カレッジながさきの取材に来られました。



今日取材していただいた授業の教科は、「一般教養」です。

教員が作成した指導案には以下の内容が記載されていました。



授業のねらい

 ◎社会参加・地域活動の大切さを知る。



獲得目標

 1.これまで経験してきた社会参加について振り返ることができる。

 2.社会参加に関心を持つことができる。



主な流れ

 1.これまでの活動経験について思い出し発表する。

 2.特に楽しかった活動について発表する。

 3.やってみたい社会参加について考えてみる。



指導上の主な留意点

 ◎自由に発言できる雰囲気をつくる。

 ◎一人一つずつ活動を挙げてもらう。表形式にして板書する。

 ◎いろいろな形の社会参加のあり方を示す。

 ◎この地域(大村)の地域活動をいくつか紹介する。

   例:「かっぱまつり」「夏越し祭」「チャレンジデー」など








授業では、学生さんたちも、我先にと挙手して発言をしていました。



地域のおまつりや花火大会、長崎くんち、精霊流しなどに行ったこと

地域の方と一緒に楽しんだ学校行事、鶴南まつり(文化祭)や運動会などなど

また、地域や社会貢献の活動として行ったこととして、

 ゴミ拾いのボランティアをしたこと

 ペットボトルのフタ集めをしたこと

 東日本大震災の被災地へと募金をしたことなどなど



いろんな社会参加の経験を話してくれました。

私も授業を後で見学しながら、しっかりと授業のねらいは達成できたように思いました。





そしてなにより、

誰かが意見を言うと、

誰かがそれにツッコミを入れて、

みんなが共感の笑いで盛り上がる。



人が出会い、笑い合う。

授業を見ていて、人が幸せを感じる時って、案外そんなときなのかなって思ったりします。

そこに“学校”というものの良さがあるような・・・。







さて、KTN長崎放送の放映日時は以下のとおりです。



日   時  明日4月17日(水)午後5時54分~午後7時

番 組 名  KTNスーパーニュース

放映地域  長崎県内全域




番組の予告編(動画)がKTNスーパーニュースのサイトで紹介されていましたのでご覧ください。

サイトはこちら→KTNスーパーニュース予告



タイトル 「障害者の就労支援へ県内初の施設」

特報紹介文「障害がある人たちの自立や就職を支援しようと県内初めての福祉施設がオープン。水曜日のスーパー特報はコミュニケーションの取り方や生活力を育てる施設の取組みをリポートします。」



長崎在住の皆様、是非、ご覧ください!