90f40f45.jpg
257b0dc2.jpg
fd5c6c06.jpg
4777ec12.jpg


 5月22日(木)第1回「特別講座Ⅰ」として、プロのミュージシャンを招いて、コンサートを開きました。1ヶ月前に学院生から演奏して欲しい曲をリクエストしました。演奏者のグループ名は「ミュージックボックス」です。今回の編成は、ボーカル、キーボード、バイオリン、ベース、パーカッションの6
名のユニットでした。オリジナル曲やみんなが好きそうな曲の演奏を挟みながら、リクエストした曲を一人ずつ前に出て、生演奏をバックに歌う企画です。保護者の方々、見学者、取材、職員合わせて、31名の参加者となりました。
 みんな堂々としていて(家で練習してきたのかな)見事なパフォーマンスで(気合入ってるな)会場を盛り上げてくれました。最後には、授業で作った太鼓やマラカスを鳴らしながら、全員が一体となって歌い、踊り、大喝采が起こりました。すごいパワーでした。
ミュージックボックスのメンバーには、ディズニーのミュージカル「塔の上のラプンツェル」「魔法にかけられて」の日本語吹替版CDで歌っているミュージシャン(本物)やそれぞれに独自の活動をされている第一線の方々ばかりです。演奏がとにかく素敵でした。こんなすごい人たちの前で歌える幸せ。みんな実感してました。最後に、次回もあることを約束して、ミュージックボックスコンサートが終わりました。