実は・・・


カレッジ福岡にも「テスト」があります。

とはいっても、これまで学んできたことがしっかり身についているか、覚えているか、

それぞれ確認をして 『思い出して』もらうためです。

全ての教科でテストを行うわけではなく、

教科によって「必要」だと感じる内容について、再確認の意味で行なっております。

今日は【生活】という教科の中の単元『マナー』についてでした。


結果は、、、こちらとしては大変、興味深いものでした。


ある人は、社会における様々なマナーについて、ほぼ身に付いている。しかし「正しい敬語」が難しい。

ある人は、なぜマナーが必要かをすごく理解しており、身近な生活を見ていてもマナーが身に付いている。しかし日本の「しきたり(結婚披露宴に招かれたときのマナーなど)」については忘れている事が多い。

ある人は、マナーの意義は理解できている。(しかし実際はマナー違反な場面も時々見受けられる)。そして日本のしきたりや言葉の使い方などは難しい面が多い。



つまり、今回の「テスト」でいろいろなことがわかったのです。

①やはり自分にとって現実味のある事は覚えている。
 つまり「自分の事だ」ととらえてもらうこと、そして「実際にやってみる」ことの重要性をあらためて感じました。

②その時は理解しても、忘れている事が多い。
 カレッジで学んだ事を「身につける」ためには、やはり【反復】が必要だと感じました。

③みんな「言葉」 が、難しい。
 正しい日本語、正しい敬語。これも学ぶだけでは無く、「日頃から使う」ことが大事だと再確認しました。



来年度、より良い「学び」を提供し、学生が少しでも多くの事を「身につける」ことができるように、今後も職員一同努力していきたいと思っております。


かなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁり久しぶりの記事。mejinaでした。






・・・もうすぐ春イカの季節


いつも読んでいただき
ありがとうございます。

人気ブログランキングへ