この1年で覚えたレシピの中からメインメニューを一品決めて親子で調理実習。

調理技能がアップしたその成果を家族に披露する場となりました。

Fさんは「昔ながらの肉じゃが」「じゃがいもと豚肉のみそ汁」。
ほかの班で余った食材を利用し、みそ汁の具に卵と豆腐も追加しました。本当は「卵焼き」も作りたかったのですが、時間が足りませんでした。d87b3ce7.jpg


お父様の包丁使い慣れておられます。dc1fadc2.jpg


手分けして頑張ってます。d3610cd6.jpg
a9ed4bb1.jpg
a4268305.jpg


完成!933a5d7c.jpg
みそ汁の塩分濃度は0.7%でした。      健康的でほどよい値です。
                            

                    
 






           


 




Iさんは「豚肉の生姜焼き」「わかめと玉ねぎのみそ汁」

ご家庭で「お母さんは何もしなくていいよ」と話していたそうです。

生姜焼きの調味料を合わせます。「小さじ2」と「大さじ2」をうっかり間違える場面もありましたが、上手く調整しておいしい生姜焼きができました。235b2c8f.jpg


Iさん「お母さんは洗う人で、おれは作る」63d5a675.jpg


早くに仕上がっていたので、温め直しています。d168ef9f.jpg


「お母さんは肉何個がいい?」 「12÷2=6」 
結局7:5に落ち着き、Iさんは満足そうでした。5d86cc28.jpg
e7b16e0a.jpg


みそ汁濃度は0.8%。標準の値でした。

『親子調理実習②~Yさん・Sさん および参加保護者の方の感想~』に続きます。










 
ポチって頂けるとカレながスタッフ一同が喜びます☆

――――――――――――――――――――――――――――

カレッジ福岡ブログはこちら~☆

社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会 HP