朝晩と随分寒くなってきましたが、カレッジながさきのブログをご覧になっているみなさん、風邪はひいていませんか?いつも元気なのっぽです!


  さて、今回はカレッジで防災訓練を実施しましたので、ご報告いたします。

※本来写真と共に防災訓練の様子をお伝えしたいのですが、私たち支援員も学生さんと同じように真剣に訓練をしましたので、訓練中は写真が撮れておりません。文章だけのご報告になりますが、最後までお付き合いください。


今回の防災訓練は抜き打ちで実施したので、ある学生さんは、朝カレッジに来所するなり、「今日は何の授業があるんですか?」と気になる様子でソワソワと・・・。またある学生さんは、職員室内を見まわして今日の授業の情報を仕入れようとウロウロと・・・。


  さてさて、ようやく気になる授業時間になりました。しかしのっぽが授業の最初に長崎の美味しいお土産の話をするもので、学生さんは「???」な感じに・・・。そんなこんな話をしていると、洗面所から
kaz先生が「カセットコンロから火が出ました!!消せません!!」と、大きな声で緊急事態を知らせてきました。学生さんたちは、一瞬驚いた様子を見せましたが、誰一人パニックになることなく先生の指示を待っていました。そして指示通りカレッジ玄関に集合し、人員確認。その後、避難場所まで並んで避難しました。この間、「これは避難訓練だな!?」と気付いた学生さんもいたようですが、誰一人ふざけたりすることなく真剣な表情で取り組んでいました。目標避難時間を5分に設定していたのですが、なんと2分で避難完了!!本当に素晴らしい取り組みでした。


 避難訓練が終わると教室に戻り、「なぜ避難訓練を実施したのか」、「避難はスムーズにできたのか」など、ふりかえりをしました。



また、今回防災訓練を実施するにあたって一番の目標としたのは「避難経路・避難場所を覚えること」でした。ホワイトボードやプリントを使って再確認をしました。



避難経路は1つ知っているだけでは意味がありません。全員で他の避難経路も確認しに行きました。
e2d831f1.jpg





















 午後からは、震災について学びました。まだ記憶に新しい「東日本大震災」の震災後の現地の様子をスライドで見て、改めて地震の恐ろしさを確認したり、もし自分たちがカレッジに来所中、または帰宅中に地震に遭遇したらという状況設定で、避難方法をそれぞれが考え、発表し、一番避難するのに最善な方法をみんなで考えました。


 今回防災訓練を実施するにあたって、事前に消防士の方にアドバイスを頂きました。そこで教えて頂いた言葉を最後に勉強しました。


実際に目の前で火が燃え盛ったり、突然地震が来るとパニックになってしまう可能性があります。どう逃げればいいかわからなかったら、『助けてください。一緒に避難させてください!!』と勇気を振り絞って誰かに声をかけましょう!ということでしたね。



 

 



















 8b27366b.jpg



















8b3fe898.jpg


















 eeacc295.jpg












21d5b77c.jpg






 

 

 

 





 
ポチって頂けるとカレながスタッフ一同が喜びます☆

――――――――――――――――――――――――――――

カレッジ福岡ブログはこちら~☆

社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会 HP