チャレンジデー 大村市vs大仙市。  結果発表・・大村市の勝利!!!やっほぉ~ぅ!!!

詳しくは昨日のブログをご覧ください☆




長崎県産、福岡経由の、長崎県在住。 mejinaです♪  大村市の釣りポイント一箇所みつけたっ!!


・・・さて。




今日の午前中に行なった教科は「ヘルスケア」で、その中の「こころ」という単元です。
テーマは「障がい」。

【障がい、という言葉を聞いたことがありますか?】

 → 「はい」 75%

【障がいにはどのような種別がありますか?】

 →答えてくれた学生が一人いました。 「身体障害、知的障害、精神障害。」


◆まずは視覚障がい体験。
アイマスクをつけ、見慣れた交差点を渡る。点字ブロックと信号の「音」をたよりに。
7067957b.jpg






















目が見えない状況では、
 「歩くのにすごく時間が掛かった。」
 「怖かった」
 「大変」
 「わかりにくい」
という学生の感想。




◆次に室内でアイマスクをつけ、「自分の水筒を探して飲んでください。ただし職員が水筒を別の場所に持って行くので、どこにあるかはわかりません。」という活動。

この時の学生の感想
 「不安。」
 「無理。」
 「歩くだけでも大変」
 「できなかった」


◆では、となりの人に、手をつないで「手伝ってもらいながら」同じように水筒を探して飲んでください。

学生の感想
 「手をつないでもらった時、安心した。」
 「手伝ってもらうとできた。」
 「すぐにできた。」

2e242e97.jpg




























◇振りかえりプリント
 「あなたはなんでも一人でできますか?」

 「一人でできない時、どうすればよいですか?」
   →何度も練習・チャレンジして、自分でできることを増やす。
   →どうしてもできないことは、手伝ってもらう。


あの「五体不満足」の著者、Oさんの紹介もして、、学生はとても驚き、とても励みになったようでした。


◇まとめ
 「障がいの有無にかかわらず、人は誰でも苦手なことがあり、何度もチャレンジして自分を磨き、誰かに手伝ってもらいながら生きています。」



学生たちは少し疲れましたが、いろいろ学んでくれたようです。

 
ポチって頂けるとカレながスタッフ一同が喜びます☆

――――――――――――――――――――――――――――

カレッジ福岡ブログはこちら~☆

社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会 HP